--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06/09/2010    階段下収納
階段下を収納にする、というのは林間学校のお昼にカレーを食べる、というのに負けないくらい定番だ。

高低差のある空間なので使い勝手サイコー ! という訳にはいかないが、それなりに収納力はあるし、階段下のデッドスペースを有効利用できるのは良いことだ。

階段下のスペースを利用しない、というのはカップアイスのフタにびっしりついたアイスをそのまま捨ててしまうみたいにちょっぴりモッタイナイ気にもなるし。(ビンボーか ! 笑)

そんな訳で、我が家も階段下収納はしっかりと押さえてある。

家の階段下収納のドアは平面計画上、玄関から入るといきなり正面に現れる。

玄関に入っていきなり正面に収納のドアが見える、というのもいかがなものか、という気もしたが、ドアのデザインをちょっと凝ったものにすれば逆に面白いかも、という結論に達したのだ。

そんな考えのもと、階段下の収納のドアはオリジナルで製作した。

丁番(ヒンジ)や取手などのパーツを特徴的なものにしてアクセントにし、「魅せるドア」を意識したものだ。

僕が家に帰って玄関に入ると、真っ先に出迎えてくれるのが犬とこのドアだ(笑)

kaidan_syuunou.jpg
階段下収納。


kaidan_tyouban.jpg
アイアンの丁番。ゴツゴツした質感が気に入っている。


kaidan_totte.jpg
取手はこのようなカンヌキ形状になっている。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
スポンサーサイト
05/21/2010    リビング収納
モノは使う場所に収納する、というのが一番便利だ。

リビングで爪を切ろうとする時に、リビングに爪切りがしまってあれば便利なのは言うまでもない。

リビングという場所は、家族みんなが集まる場所だ。そこで何かする、ということも意外に多い。

なので、家ではリビングに「リビング収納」を作ることにしたのだ。

リビング収納にハサミやセロファンテープなどの小物を収納できるので、小物収納用の置き家具は必要なく、リビングのスッキリ感アップに貢献している。

さらに、収納内部にハンガーパイプを設置してあるので、ちょっとした上着などもかけておける。

僕は犬の散歩に行くので、犬の散歩用の上着なんかをかけて重宝に使っている。

それほど広くないので、収納力はたいしたことはないが、作ってよかったと思っている収納だ。ファミレスのウェイトレス呼び出しボタンみたいに「無いと困る訳ではないがあれば便利」、そんな収納だ。

これから住宅を建てよう、という方は「リビング収納」という言葉を頭の片隅に置いておいても損はないと思う。

Living_closet.jpg

まだ引っ越す前の写真。ソファの梱包が解かれていない(笑)。
中央右側がリビング収納。


Living_closet2.jpg




扉の塗装はうっすらと木目が見えるような仕上げになっている。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。