--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09/25/2009    洗面所を眺めて
家の洗面所は左に浴室、右に家事室という位置関係だ。

すなわち、洗面所兼脱衣室となっている。

洗面所には正面にAndersenのケースメント・ウィンドウがあり、木製ブラインドをしつらえてある。

家の北側にあるのでさんさんと陽が差し込む、という訳にはいかないが、この窓のお陰でそれなりに明るい空間になった。

窓が正面にあるので鏡は斜め側面に付ける事になったが、使い勝手は悪くない。

洗面所の床はフローリングだ。

タイルやコルクタイルなどと迷ったが、フローリングをチョイスした。冬場の入浴時はタイルだと足元が冷たいかもしれないし、コルクタイルは耐久性に不安があったからだ。

しかし、入浴時に足マットを敷く浴室入り口付近はどうしてもフローリングが黒ずんでしまうので、タイルでも良かったかな、という気がしている。

それにしても洗面所って、歯ブラシとか歯磨き粉とか整髪料とかが出ていると、とにかくものすごい生活感で、天から「生活カ~ン!」 という言葉が降ってくる感じだ(笑)。

家のカッコ良さと生活感は反比例するから、生活感を抑えるためにはその努力が必要になる。

とは言うものの、生活しているのに生活感を出さない、というのは笑いながら怒るみたいに難しいものだ。(昔、竹中直人がやっていた笑)

チビッ子がいる我が家の洗面所の現状は・・・

ちょっとお見せできません(笑)。

powder3.jpg


 洗面所を眺めて。

 手前のドアは製作したオリジナル。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。