--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エレベータにはウォークスルーと言って2ドアのタイプがあるが、家の家事室にはなんと2ドアのビルトイン・クロゼットがある。

ビルトイン・クロゼットって何 ? と言う方もいらっしゃるかもしれない。

要するに作りつけのタンスのことだ。ただ単にカッコつけて書いてみたかっただけなので、「まったくわかりづらい」なんて怒らないでね(笑)。

家事室は洗面所のとなりにあるのだが、両室の境の壁に作りつけのクロゼットを設置し、僕のアイデアで家事室側・洗面所側の両方にドアを付けたのだ。

このクロゼットに家族のバスタオルや下着、スキンケア用品や整髪料などを収納している。

洗面所は脱衣室も兼ねているのだが、風呂上がりや身だしなみに必要な品々を洗面所側から取り出して使う。そして、下着やバスタオルは家事室側からしまえる事ができる。これはすこぶる使い勝手がいい。

kajishitsu_closet_door.jpg
断面図で書くとこんなかんじ。

2ドアのクロゼットというのは我ながらナイスアイデアだった。女子マラソンの有森裕子じゃないけれど、自分で自分をほめたい。(笑)

どんな素晴らしいアイデアでも、自分で使っているだけでは対価ゼロだ。単なる自己満足の世界だ。だが、それでいいのだ。

自分たちの考えた住宅のアイデアを、実際に自分たちが住んで便利に使っている。それは自分たちの家の中、という狭い範囲の出来事だけれど、大事なことは自分たちが満足している、ということだ。なぜならそれで小さなHappyを感じることができるのだから。

「すあま」という食べ物をご存知だろうか。この食べ物が好き、という人をあまり聞かないが、うちのママは好きだという。彼女は僕の人生の中ですあまが好きだと言ったただ一人の人だ。

僕は、あの「すあま」のどこがおいしいのだろう ? なんて思うけれど。

しかし、彼女はすあまが好きで、すあまを食べている彼女は少なくとも自分では満足している。そしてHappyなのだ。他の人がどう思おうとも。

どうやら自己満足とHappyは同義語のようだ。

そして、我が家の2ドア・ビルトインクロゼットも自分たちに自己満足を感じさせてくれる。それはすなわちHappyでもある、ということなのだ。

kajishitsu_closet_door2.jpg
洗面所。右側の白いドアがクロゼットのドア。

kajishitsu_closet_door3.jpg
2ドアをオープンにしたところ。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。