--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05/23/2013    鉢の照明
round_rouka2.jpg

家の2階の廊下と1階の廊下はどちらもラウンドした形状で、高齢者から見たAKBとSKEみたいにほとんど同じだ。1階の上に2階が乗っているのだから当たり前と言えば当たり前なのだが。

違っているのは床の仕上げと壁の高さ(2階は階段側の壁が手すり壁になっている)、それと照明だ。

2階廊下の照明は一風変わっている。鉢の照明だ。なんと本物の鉢が照明のシェードになっているのだ。

シェードの鉢はラフな素焼きでおしゃれな風合いだ。そして元々が「鉢」なので値段が安いのもありがたい。だが、何と言っても最大の魅力はそのユニークさだ。

鉢の照明なんて見たことも聞いたこともなかったし、それは僕に感動的動揺、ある種のカルチャーショックを与えた。

この鉢の照明はビルダーの社長のアイデアだそうだ。社長は初老の紳士でデューク更家みたいな雰囲気の人で、なかなかのアイデアマンというのが僕の印象だ。

ちょっと使ってみたいと思わせる魔力を持っている、そんな照明だ。

hachi1.jpg
鉢のシェードは光を通さないので、間接照明のようでもある。

hachi2.jpg
素焼きの表情はナチュラル、そして素朴だ。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。