--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05/16/2009    キッチン


キッチンはダイニングと連続した空間となっている。ダイニングはリビングと連続しているので、要するにリビング・ダイニング・キッチンは大きな連続した空間となっている。

キッチンのデザインや使い勝手は基本的にはママの意見を尊重した。彼女がメインで使う場所なので当然といえば当然だが。

カウンターはU字型でIHを正面とすると左に冷蔵庫、右にシンクという配列で、家事の動線をいろいろと検討して決定したものだ。

カウンターは収納内部などの細部までじっくりと検討して製作してもらったオリジナルだ。

カウンタートップはタイルにした。目地の汚れが心配ではあったが、タイルのカウンターは美しく、そして、やさしい風合いがある。

僕はモザイクタイルにしてもカワイイと思ったが、ママの意見で100角タイルとなった。

「モザイクタイルだと可愛くなりすぎてしまうので、年をとった時にアンバランス」なのだそうだ。うーん、なるほど。

カウンターの高さはママの身長から「身長÷2+5センチ」の式で算出した。(最近は「身長÷2+10センチ」という説もあるようだ。)

個人住宅のキッチンはメインで使う人が決まっているので、カウンターの高さはその人の使いやすい高さにしたい。毎日使うものだから大切なことだ。

調理器はIHだ。ロジェールのコンロなどもカッコイイのだが、IHはなんといっても手入れが楽だ。吹きこぼれたりしてもサッと一拭き。

以前住んでいたアパートではガスコンロだったが、あのゴトクの掃除は7段飾りのひな人形をしまうみたいに面倒なものだ。

それに直接火を使わないから安全面でも利点がある。最初は火がないので火加減というものがわかりづらいと思うのだが、すぐ慣れるそうである。

ちなみに、写真の左上は電子レンジを置く棚となっている。
Secret

TrackBack URL
→http://whitehouse04.blog53.fc2.com/tb.php/18-580dcbdf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。