--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06/17/2009    Miele(食器洗い機)


家を建てた時、食器洗い機を設置することは最初から決定事項だった。

家は共働きで、しかもフルタイムのため、ママの負担というものは大きい。僕も家事をしない訳ではないが、どうしてもママの方が家事については仕事が多い。

だから、少しでもママの家事の負担を減らす、ということについては僕もいろいろと考えたし、家を建てる時のテーマの一つだったと言っても過言ではない。

そんな訳で、ママの助けとなる食洗を入れることは決まっていたのだが、どのメーカーにするか、というのは結構研究した。

僕というヤツは比較検討というものが好きな性分らしい。

最終候補はMiele、ナショナル(現パナソニック)、ホシザキだった。

で、最終的にはMieleに決定した。

理由はなんといっても容量が大きい、ということだ。

家は5人家族なので食器の量も多い。食洗をまわすのが1回で済まないと大変だ。

当時、僕が調べたところによると、日本のメーカーは容量があまり大きくない、ということだった。

「何人分の食器が洗える」というメーカーのうたい文句ほど食器は入らない、という意見が多々あった。

ナショナルは食器の出し入れが楽そうだったが、容量がネックになった。

ホシザキは短時間のモードがあるが、予洗いが必要、とのことだった。楽をするための食洗なのに予洗いを自分でするのでは意味がないのでは・・・という気持ちになる。

そんな検討の結果Mieleにしたのだが、使い勝手は非常に良い。

何といっても容量が大きいのは良いことだ。食器の量もそれなりに多いが、1日1回食洗をまわせば済んでいる。

それと、はしやスプーンなどを置くカトラリートレイというのがすごく便利だそうだ。

汚れ落ちも良いと思う。以前、僕がカナリ適当に食器をセットして(重ねちゃったりして)洗浄したのだが、ちゃんと汚れは落ちていた。なかなかたいしたもんだ。

欠点とすると、海外のメーカーなので、深めの和食器などは若干セットしづらいらしい(ママ談)。

総合的には、ママはかなり満足しているようだ。

(注)このエントリーの食器洗い機の検討内容については2003年当時の内容なので、必ずしも現在の各社の特徴にあてはまるものではありません。
Secret

TrackBack URL
→http://whitehouse04.blog53.fc2.com/tb.php/25-e9913a2c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。