--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人にはそれぞれビジュアル的な好みというものがあるから、まずは自分の好みの家づくりをするビルダーを見つけることが誰にとっても第一歩になるだろう。

ビルダーにはそれぞれ得意な納め方というのがあって、良かれ悪しかれ雰囲気の似た家になる。

逆に言えば、自分のイメージしている雰囲気と違った方向性で家づくりをしているビルダーに、なんとか自分のイメージに合わせてもらおおうとしても、往々にしてうまくいかなかったりするものだ。


そのほか、ビルダーを決定するにはいくつかの要素があるが、「安いから」という理由をメインにビルダーを決めるべきではないと僕は思う。

家を建てるにはたくさんのお金が必要だ。予算もある。少しでも安くしたい、というのが人情だ。

でも、ちょっと待って欲しい。「安かろう、悪かろう」で良いものか。家は建て直しなどきかない。洋服を買うのとは訳が違う。

ある一定の価値を求めるならば、ある一定の対価が必要になるのは世の中の摂理だ。レクサスをカローラと同じような値段で買うのは無理がある。もし、そんなウマイ話があったならば、どこかに落とし穴があると思って逆に警戒しなければならない。

「法外に値段が高い」というのも論外だが、ものには相応の(適切な)価格というものがあり、工費が安いとすれば、どこかで品質を落としていると認識しなければならない。


そして、ビルダーに良く話を聞く、ということは非常に大切な事だ。

どういったポリシーでどんな家を作っているのか。どんなノウハウがあるのか。対応は誠実で丁寧か。

「誠実な対応」というのは、僕は最も重要なファクターの一つだと思っている。

「モノを買う」という行為はただお金を払ってモノを手に入れる、というだけではない。そこには人と人との心のやりとりが存在する。我々はモノと一緒に「満足」を買うものなのだ。

そして、それが家ともなればなおさらだ。

家を建てる過程において、もしくは竣工後において、しばしばビルダーの誠意が試される場面が訪れる。

どれだけ建て主の身になって設計を行い、適切なアドバイスをするのか。
建築中の顧客の要望にどれだけ対応しようとするのか。
竣工後の不具合に対し、親切なアフターサービスを提供する気持ちがあるか。

これらは、「儲け主義」とは対極にある行為だ。そのようなことにきちんと取り組んでいるビルダーを選ぶことが、住み手の満足に直結する。

たとえば、竣工後、大小の差こそあれ、建物は必ず何らかの不具合が発生する。僕達が風邪をひくみたいによくあることだ。

そういった場面において、自分のビルダーが迅速で丁寧な対応をしてくれたなら、このビルダーにして良かった、と思うはずだ。

「工費の安さ」ばかり気にするのではなく、そういったことへの姿勢をよく検討する必要がある。

そして、良い家を建てる、という事に対し、どういった姿勢で臨んでいるのか、読み取ることだ。

建築の施工について、どんな努力と工夫をしているのか。数々の経験のなかで研究を重ね、たどりついたノウハウがあるはずだ。

良い家を建てたい、という情熱を片手に持ったビルダーであるならば、顧客のために改善を積み重ねた技術力をもう片方の手に持っているはずだ。

そしてまた、そんな情熱を持ったビルダーは、下請け業者に良い仕事をする業者を使うものだ。

営業でも、担当建築士でもいい。よく話を聞いて、誠実で、情熱を持つビルダーかどうか感じる事が大切だと思う。

その際、担当者の対応も重要だと僕は思う。顔は心の窓、という言葉があるが、「担当者は会社の窓」だと思うのだ。誠実な会社の担当者は、やはり誠実な対応をするものだ。

過剰な営業や、契約ばかりせかす、というようでは要注意だ。


「良い家」とは「楽しい家」だ。

これは、僕がある建築家の講演会で聞き、強く印象に残っている言葉だ。

使い勝手、デザイン、快適さ、健康的要素、安全性、どれが欠けても「楽しい家」にはならない。

そして、僕が考える良いビルダーは「安いビルダー」ではない。「誠実で情熱を持ったビルダー」だ。

「楽しい家」にするためにはそのようなビルダーの助けがぜひ必要だ。

もし、あなたがこれから家を建てようとお考えであるならば、良いビルダーを選んで、ぜひとも「楽しい家」を実現してほしい。

niwa.jpg
Secret

TrackBack URL
→http://whitehouse04.blog53.fc2.com/tb.php/27-ff08a08a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。