--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07/09/2009    照明プランを楽しむ
照明プランはインテリアの中でも重要な要素だ。

部屋の雰囲気を大きく左右するので、いろんな角度から検討すべきだと思う。

ただし、検討は「楽しく」ね。自宅のインテリアを検討する、なんてそう何度も味わえるものではないのだから・・・

家にはさまざまな用途の部屋がある。

計画のスタートとして、部屋のどこを明るくする必要があるのか(全体か部分か)、ということを検討すると良い。

例えば、リビングなどのコツとしては、ただ均一に明るくする、というのではなく、明かりを必要な場所に「配る」という感覚で計画すると、落ち着いてくつろげる雰囲気になる。(もちろん照明の色も重要になるが)

ホテルなどに泊まると、そんな雰囲気になっていると思う。

それには、テーブルやソファの配置、絵を飾る場所などを決定し、照明を配するプランを総合的に計画しなくてはならない。

逆に納戸やトイレなどであれば全体を一灯の照明でまかなう、という方法で良いと思う。

部屋のどこを明るくするのかが決まったら、次にどのような照明器具をつかうのか、ということをビルダーと検討していったら良いと思う。

シャンデリアやペンダントなど好みのデザインをチョイスしていく。

この作業が一番楽しく、悩ましいのだけれど(笑)。

ひとつ気をつけるべき点としては、カタログなどでは照明器具の大きさはわかりづらい、ということだ。

特にシャンデリアは部屋の大きさ(高さ)とアンバランスにならないよう、気をつけたい。シャンデリアなどは想像以上にデカイことがある。

このあたりはビルダーにアドバイスしてもらったり、実物を見せてもらうと良いと思う。

同じ部屋でも照明の違いによって雰囲気は変わってくる。楽しく悩んで作り上げた照明プランで、自分らしい灯りの演出をしてほしい。

Lighting_Plan.jpg
Secret

TrackBack URL
→http://whitehouse04.blog53.fc2.com/tb.php/31-4deb967d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。