--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「住宅は夏を旨とすべし」とは兼好法師の言葉だ。

しかし、僕は現代社会においては「住宅は冬を旨とすべし」と考えている。

すなわち、冬を快適に暮らすということを重要視すべきだと思うのだ。

人間、寒い思いをするのは嫌なものだ。

逆に、寒い冬を暖かく過ごすというのは実に心地いい。

だとすれば、必然的に寒い冬をいかに快適に過ごせるか、という事が家づくりには重要なファクターになってくる。

現在の住まいに引っ越す前はアパートに暮らしていたが、快適な冬とはほど遠い生活だった。

当時の暖房はリビングにエアコンとこたつ、寝室に石油ファンヒーターという組み合わせだった。

リビングにいて、子供が他の部屋に行くときにドアを開けっ放しにすると、冷気がサーッと入ってくる。

そんな時は「早くドアを閉めて!」とほとんど半ギレである(笑)。

寝室のファンヒーターはつけっぱなしにはできないので、寝る前だけ温めておく、という使い方だった。

寝室は家族全員で寝る部屋だったが、パパママが寝る時間にはすでに部屋が冷えきっていて、バンザイをして寝ている子供の手が氷のように冷たくて、可愛そうに思ったのをよく覚えている。

そんな思いをした事もあり、家を新築したならば、冬を快適に過ごしたい、という願いは僕の心の中にどっかりと腰をおろしていた。

寒いのが苦手なママを喜ばせてあげたい、という気持ちもあった。

いろいろと検討した結果、行き着いたのは(温水)パネルヒーターだった。

ネットなどで見かける評判でも、パネルヒーターに不満がある、という意見を聞いたことがない。

ママの友人のご主人が、ヨーロッパでパネルヒーターを体験して感動した、という話も聞いた。

同じ輻射熱を利用した暖房に床暖房があるが、家ではムクのフローリングを使いたかったため、床暖房は最初から選択肢には入っていなかった。

ムクのフローリングに床暖房の組み合わせは、フローリングが反ったりしてしまうのでNGなのである。

しかし、パネルヒーター実現までの道のりは決して平坦ではなかった。

全体予算がオーバーしていたため、建設費削減案としてパネルヒーターが真っ先にヤリ玉にあげられてしまった。

パネルヒーターをあきらめると、予算オーバー分がうまい具合に削減できる計算だったのだ。

建設費削減に四苦八苦していたこともあり、ビルダーの担当建築士とママがスクラムを組んでパネルヒーター取りやめの旗を振っている。

そんな、はからずも予算オーバーA級戦犯の汚名を着せられてしまった気の毒なパネルヒーターを、僕は断固として守り抜いた。

「住宅は冬を旨とすべし」の精神のもと、寒い冬を快適に過ごすためにはパネルヒーターの助けがどうしても必要だと思ったのだ。

かくして、建設費削減は他の細かな所を少しづつ見直すことで、なんとかパネルヒーターを採用することができた。

そんな、僕にとって思い入れの強かったパネルヒーターの使い心地は・・・

(つづく)

snow_window.jpg

リビングから雪景色の外を望む。
Secret

TrackBack URL
→http://whitehouse04.blog53.fc2.com/tb.php/42-6c96d228
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。