--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11/22/2009    紅葉とモミジ
momiji1.jpg

日本には幸運なことに「四季」があり、素晴らしい季節の移り変わりを感じる事が出来る。

そして、日本人は季節を感じる事が大好きだ。

とりわけ春の桜、秋の紅葉(こうよう)は皆に愛されている。その美しさと季節の移り変わりの風情をめでる事は、ささやかで素敵な楽しみだ。

僕達の家、通称「ホワイトハウス」のガーデンにあるモミジは初冬に鮮やかに色づき、その美しい葉が朝の冷たい空気と共に僕達に冬の訪れを感じさせてくれる。

冬は寒くてイヤなイメージもあるが、クリスマスやお正月など、楽しいイベントもたくさんある。そして、雪景色などロマンチックな季節でもある。

そんな冬の始まりを告げるモミジの紅葉(こうよう)は、紅く輝いて、趣のある鮮やかさの中に生命のエネルギーさえ感じる。

1本のモミジの中に、色づいた葉とまだ緑の葉がある時の、そのグラデーションが僕は大好きだ。

この季節のガーデンの主役は間違いなくモミジだ。

その美しさは、七五三を迎えた子供のように、結婚式の花嫁のように、視線を独り占めにしている。

家を新築した時に、ビルダーのガーデン担当者にモミジを勧められたのだが、僕の中ではモミジは和のイメージがあり、洋風の住宅の家には合わないと思っていた。

なので、当初はまったく選択肢には入っていなかった樹なのだが、しばらく経ってから他の樹が枯れてしまった代打として家のガーデンに登場したのだ。

実際にガーデンのモミジを見てみると、どうしてどうして、洋風の家にも見事にマッチする。

家のモミジは見事な紅葉(こうよう)を僕達に披露してくれる。そして僕達は窓からその風情を楽しむことが出来る。

なかなかの贅沢だ。

momiji2.jpg

色づいた葉とまだ緑の葉のグラデーションが美しい。
Secret

TrackBack URL
→http://whitehouse04.blog53.fc2.com/tb.php/45-6f51c903
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。