--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02/21/2010    雪景色
ハッキリ言って、我が家のまわりのロケーションはあまりカンバシクない。

隣家のブロック塀とかはイマイチ、いや、イマサンくらいの雰囲気をかもしだしているし、水路の向こうにはビニールハウスまであったりする(笑)。イナカなもので・・・(^^)ゞ

自分の家やガーデンにはそれなりにこだわりを持って創ったのだが、自宅の敷地の外は自分ではコントロールできないので、どうにも仕方がないのだけれど。

だいたい、日本の町並みには「美しい」というカテゴリから遠く離れたものが多すぎる気がする。

ブロック塀とかガードレールとかって、考案者の美的センスを疑ってしまう。

それに、ナゼにそういったデザインのものがこれほどまでに多用されているのか。

外国のフォトなんかを見ていると、信号機とか電車とかがフツーにおしゃれで、それだけで絵ハガキにしたくなるような雰囲気があったりする。

そこへいくと日本の場合は、目を覆いたくなるような現状だ。

何度か海外旅行へ行ったことがあるが、そのたびに感じることがある。

日本に帰ってきて、風景の素敵さの違いをマノアタリにすると、一気に現実に引き戻され、旅行気分が冷めてしまうのだ(笑)。

ま、日本の町並みも、伝統的なものなど、素晴らしいと思えるものもたくさんあるけどね。

さて、そんな、レベルアップが切に求められている我が家のまわりのロケーションだが、いただけない部分をすべて隠してしまう、そんな魔法のメイクみたいなものがあればいいのに、と思う。

それがあるのだ。

雪景色。

雪は、すべての世界を綺麗で、風情があって、幻想的に変えてくれる。世界中の演出家が束になってもかなわない。

冬の寒さは家のローンと同様に身にしみるけれど、たまに見ることができる雪景色を見ると、冬もどうして悪くないな、なんて思わせてくれる。

snow_garden.jpg

引っ越して最初の年の雪景色とホワイトハウス。ジューンベリーやオリーブなどの木々がまだ小さい。

ママは友人に、雪景色にとけ込んでいる、と家をほめていただいたことがあるそうだ。(*^^*)
Secret

TrackBack URL
→http://whitehouse04.blog53.fc2.com/tb.php/55-c0b25c17
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。