--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
過去のエントリーでもたびたび触れてきたが、僕たちの家づくりのテーマのうち、大きな柱の1つ、それは「家事を楽にすること」だ。

家は共働きで、しかも夫婦ともフルタイムなので、どうしても家事の分担割合が多いママの負担が大きくなってしまう。なので、いかにママの家事の負担を減らすか、ということはパパにとっては気にかけずにはいられない、けっこう切実な問題なのである。(パパが家事やりゃいーじゃん、とか言・わ・な・い・の 笑)

家事は「家に住むこと」に必ずセットでついてくる。マックの「ポテトもご一緒にいかがですか ?」みたいに断ることはできない。しかもエンドレスだ。この果てしない闘いに終止符はない。だとすれば、少しでも家事を楽にする、ということは長い目で見れば大きな助けになってくれる。

近未来映画に出てくるような家事ロボットはまだ無理な時代だが、家づくりにアイデアや工夫をトッピングすることで多少は家事を楽にできるものだ。

「家事室」は読んで字のごとく「家事の部屋」であり、工夫して作ることで家事のサポートとなってくれるはずだ。

家の家事室はキッチンと洗面室の間にあり、キッチンからも洗面室からも出入りできるようになっている。

2帖半くらいの狭いスペースだが、詰め放題の買い物みたいにたくさんの要素を詰め込み、いろんな役割をになう部屋になった。

次回のエントリーから、家事室のそれぞれの役どころについて触れていこうと思う。

kajishitsu1.jpg
写真左が家事室入り口。右はキッチンとダイニングのあいだにあるペニンシュラカウンター。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
Secret

TrackBack URL
→http://whitehouse04.blog53.fc2.com/tb.php/71-073dbb6a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。