--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03/16/2011    陽はまた昇る
2011年3月11日-

日本は巨大地震、東北関東大震災に見舞われた。

突然襲ってきた大きな揺れは、何の変哲もない一日を吹き飛ばしてしまった。

昔から「地震、雷、火事、おやじ」なんていう言葉がある。近年は「おやじ」はランキング圏外かもしれないが、地震の恐ろしさはいつの世も群を抜いている。

圧倒的な自然の猛威の前に、人間なんてちっぽけだ。なすすべがない。

そして、地震の後に襲ってくる津波や火災、それに加えて原子力発電所の危機・・・

地震の恐ろしさは、それらの二次災害、三次災害が立て続けに襲ってくるところにもある。

テレビで見る映像はまさに地獄絵図だ。心が凍りつくくらい、たくさんの方が亡くなっている。

災害の中、運よく助かった人の話題がニュースで取り上げられたりするが、九死に一生を得た人とそうでない人の差は一体何なのだろう。

そんな事を考えるとやけにむなしい気持ちになる。

今回の災害は途方もない被害の大きさだ。本当に悪夢、それ以外の何者でもない。


その日、建築に携わる仕事をしている自分は、とある建物の工事完成検査に立ち会っていた。

その工事は古い建物の耐震補強工事だった。

グラグラっと建物が揺れ始め、「おっ、地震ですね。耐震工事の検査に丁度良いですね。」などと冗談を言っていたが、どんどん揺れが大きくなり、冗談どころではなくなってしまった。

検査中だったが途中でキャンセルして職場に戻り、それ以来、寝ている時意外は被害にあった建物の調査などに追われている。はっきり言って疲れるが、そんな事を言っている場合ではない。東北の人たちの苦労は比ではない。

自分の住んでいる地域は震度6弱で、東北地方に比べれば被害は少ないが、それでも多くの建物が被災している。


ところで、我が家は全員無事だった。

もしかして心配してくれている人がいらっしゃるかも、と思い、早めにエントリーで報告したかったのだが、地震発生以来休みなしで働いているので思うようにならなかったのだ。

そんな訳で報告が遅れてごめんなさい。失礼致しました。


過去にも大きな地震はあったが、人間、不思議と自分の住んでいる所に災害がやってくるなんていう気はしないものだ。根拠もなく自分もそんな考えがどこかにあった。

しかし、今回、大きな地震を体験して、そのような考えは甘いということを痛感した。

アメリカン・ビューティという映画の一節に「今日という日は、残りの人生のスタートの日」というのがあるが、毎日をそんな気持ちで大切に生きる、ということを我々は考えなくてはならない。


日本は今、悲しみに包まれている。皆の心に雨が降っている。

しかし、人々は過去に、幾度となく試練を乗り越えてきた。不屈の精神を持って。

そして、きっと今回も乗り越えられるはずだ。

陽はまた昇る。


被災された皆様には、心からお見舞い申し上げます。また、犠牲になられた方のご冥福をお祈り致します。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
Secret

TrackBack URL
→http://whitehouse04.blog53.fc2.com/tb.php/76-7c54eb99
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。