--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前にも同じことがあったが、今回もブログの更新がずいぶんと滞ってしまった。原因は忙しさと怠け心だ。

実はこのエントリーの原稿はすでにだいぶ前に書いてあったのだが、すっかりほったらかしにしてしまった。

仕事が忙しくなるとすべてに余裕がなくなってしまう。まったく自分の時間がとれないのか、といえばそこまでではないが、自由になる時間が限られてくるとどうしてもブログ更新などは後回しになってしまう。

ちょっと時間があっても、「ひと休みしようや」という僕の怠け心の誘惑につい負けてしまう。

人間、良い仕事をするためには良い休養が必要だ。そういう意味では心や体を休めるのは悪いことではないとは思うけれど。

では、本題に。


新築してからの経過年数と家の中のちらかり度は正比例する。

子供の数、ペットの数、大人のマメ度、生活の忙しさ、モノを捨てる思い切りの良さ、などなど、他にもいろんな要素が家のちらかり具合に影響を及ぼしている。

我が家でそれらをチェックしていくと、どうやら「散らかりやすい家」ということになりそうだ。

最近感動したテレビ番組は ? ともし聞かれたらまったく思い浮かばないが、それと同様に、「現在、新築の頃をキープしている部屋」というのもまったく思い浮かばない。

新築の頃の写真をみると「あ~、あの頃は綺麗だったな~」なんてママが言うのも無理はない。(もっとも、住宅だって「オマエモナ」と言いたいかも知れないが)あ、うそウソ。(笑)

そんな我が家と同様に、イマイチ整理整頓が行き届かないとお嘆きの貴兄もおられるだろうが、モノをぱぱっと放り込んでおける部屋があると、急な来客時などのインスタント片付けに威力を発揮する。

家事室には洗面所側、キッチン側の両方にドアがついている。ゆえに両方のドアを閉めればいわゆる「Staff Only」の部屋になるので、部屋が散らかっている時の「緊急避難所」になることができるのだ。

何回かに分けて家事室の紹介をしてきたが、気が付けばずいぶんと長いシリーズになってしまった。家事室なんて、そんなに力を入れて紹介するような所でもないのにね。念のため申し添えておくが、筆者は別に家事室オタクという訳ではない。(笑)

kajishitsu_door.jpg
キッチン側から見た家事室のドアを閉めた状態。家事室が散らかっていても、このように閉めておけば来客があっても問題ナーシ !
吊り金具を用いたハンガードアの引き戸になっていて、ドアを開ける時はドアはそっくり壁の中に格納される。


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
Secret

TrackBack URL
→http://whitehouse04.blog53.fc2.com/tb.php/78-11c1d466
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。