--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04/26/2012    15の春 -最終話- (全6話)
とにかく親には「手ごたえ」というものがわからない。自分で試験を受けた訳ではないのだから当然と言えば当然なのだが、それが余計に心配にさせる。こんなことなら自分が受験生だった時の方がまだ気が楽だった。

妻が「スキーで滑った夢を見た」なんて能天気な話をしていると、心の中で「滑った」話はやめてくれ~(笑)、なんて思った。

しかし、やめてくれと「思った」だけで実際には妻には話さなかった。「滑る」とか「落ちる」という言葉を自分の口で発すること自体、なんだか抵抗があったのだ

受験から合格発表までの1週間、合格発表の日が早くきてほしいような、永遠にきてほしくないような、複雑な気持ちだった。

「不安」という家族が1人増えたような生活だったが、それでも時は無情に過ぎていく。そしてとうとう、本当に「とうとう」合格発表の朝を迎えた。

前の晩は眠れないかと思ったが、意外にも普通に眠れた。仕事は休暇をもらった。仕事に行ったって手に付かないだろうし、何より合否の知らせを待つというのは精神的に耐えられそうにない。

合格発表は10時なので、朝は時間的には余裕があった。しかし心の余裕はまったく無かった。もう結果は出ている。心配してもしなくてもその結果は変わりはしない。そう自分に言い聞かせても、心配せずにはいられなかった。

爪を切り、髪型を整え、歯磨きをし、でかける準備をした。別に誰かに会うわけでもないのだが、きちんと身だしなみを整えた方が運気がアップする気がするのだ。だから前日に洗車も済ませた。とにかく合格につながりそうなことは何でもした。

長男と妻と僕、3人で車に乗り込んだ。巨大な砂時計は落ち続け、長かった旅路もとうとう終わりを告げる時がやってきたのだ。ドアノブを握り締めた手に残された作業、それはドアを開けるということだけだ。果たしてドアの向こうに待ち受けている結果は・・・

もう30年近く前の、自分の高校受験の合格発表を思い出す。普段はのん気な母の緊張した表情が今でも心に残っている。今度は立場が逆転して、僕が親になった。

車は灰色の街を走っていった。カーオーディオから流れるミスチルのPreludeという曲は好きな歌だが、重圧を取り去ってはくれなかった。

車中ではスター・ウォーズの映画の話とか、他愛のない会話をしていたが、3人の心の中は合否という風船がはちきれそうなくらいふくらんで緊張感を増していた。

もし落ちていたら長男はなんて言うだろう。親を心配させないよう、気丈にふるまうのだろうか。無言で下を向くのだろうか。いずれにしろそんな長男の姿を見るのはゴメンだ。妻は泣くことだろう。どうか神様、長男に下を向かせないでください。妻の悲しみの涙を僕に見せないでください。

車で約40分、合格発表の会場である高校に到着した。僕は初めて息子の志望校を見た。ここに通うことができるのかどうか、その結果はもうすぐ明らかになる。

すでに会場はたくさんの人でごった返していた。キャンパスのどの場所に合否が掲示されるのかは聞くまでもなかった。僕達同様、発表を見に来た親子の緊張感に覆い尽くされているその場所を見つけるのは、空港で飛行機を見つけるのと同じくらいたやすかった。

3月も中旬だというのに、北風が肌を刺す、真冬のような寒い日だった。

薄着で来てしまい、寒くて震えていたが、そんなことはどうでもよかった。僕は緊張に押しつぶされそうになるのを、KO負け寸前のボクサーみたいに必死で耐えていた。

妻が何か話しかけてくるけれど、まったく耳に入らない。発表までの20分が永遠かと錯覚してしまうほどひどく長く感じられた。

僕は心の中で懸命にお願いをしていた。僕にできる最後の、本当に最後の行動だった。

神様、天国の親父、妻のお父さん、じいちゃん、ばあちゃん、何とか長男を引っ張りあげてください。彼の努力を僕は見てきました。妻の支えも見てきました。どうか、彼らを泣かせないでください !

神様のほか、力になってくれそうな天国の人たち全員にお願いをしていた。

直立不動で冷たい風と緊張に耐えているなか、僕が大事にしている腕時計は10時をまわった。なのに一向に合格発表が掲示されない。

一体どうなっているんだ ? これ以上僕を苦しめないでくれ !

そう思った次の瞬間、係りの人が合格者の掲示物を貼りに来た。

緊張は極限に達した。貼りだしている作業がスローモーションのように見えた。

たくさんの人たちから歓声がわきあがる。

長男の受験番号は ?

僕のすべて、うぶ毛1本に至るまでが長男の番号を探した。

僕よりも早く、妻の「あった ! 」という声が聞こえた。

すぐに僕も長男の番号を見つけた。数字を足すと昔の僕の受験番号になる、縁起の良い番号だ。

うぉぉー、という感じで「やったあああぁぁぁ !!! 」と叫んでしまった。長男と握手をし、抱き合った。妻とも抱き合ってしまった。

妻は泣いていた。しかしその涙は喜びの涙だ。

こんなに晴れ晴れとした気持ちは初めてだ。心の中の暗雲は一瞬で消え去り、替わって雲ひとつ無い澄みきった青空が顔をのぞかせた。冬山登山の格好からアロハシャツに着替えたような、ものすごい開放感だった。

高校から渡された、合格手続き書類が入った何てことない黄色いA4サイズの封筒が、世界で1番の宝物のように思えた。

心配をかけた人たちに電話やメールをし、合格の報告をした。嬉しい作業だった。

家に帰り、3人で乾杯をした。コーヒーやジュースでの乾杯だったが、世界中のどんなシャンパンでもかなわない、格別の味だった。

その日はいつまでも合格の余韻にひたっていた。あれだけ心配したのだから、そのくらいはいいだろう。

長男には、合格したのは自分の努力に加え、家族の支えがあったおかげだということを忘れちゃいけないよ、と話した。

結果的に、前期試験で落ちて後期試験で受かったことは、学力の向上もさることながら人間として1歩成長できたのではないかと思う。親子ともに。

神様はときどき僕達に試練を与えるけれど、正しい解答を出すとご褒美もくれる。

今回僕達はご褒美をもらうことができた。だけど本当に辛い思いもたくさんした。しばらく受験はこりごりだ。

だけど、ウチの子供は3人兄弟。あと2人受験が待っている。あと2人分、「15の春」が待っているのか・・・^^;

<了>

june_asahi.jpg
朝日に輝くジューン・ベリー。

このたび、初めて「受験生の親」になりました。良くも悪くも心に残る出来事でしたので、その思い出をエッセイとしてつづったのですが、やたらと長くなってしまい、本来のブログテーマから長らく脱線してしまいました。失礼致しました。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
Secret

TrackBack URL
→http://whitehouse04.blog53.fc2.com/tb.php/88-f7fde949
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。