--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
powder.jpg

寝室には僕の書斎コーナーがあるのは前々回のエントリーで紹介したが、その隣には妻のパウダーコーナーをしつらえた。

夫婦茶碗みたいに仲良くたたずんでいる書斎コーナーとパウダーコーナーだが、その使い方もパートナーシップにあふれている。すなわち、どちらもあまり使っていないのだ。(笑)

書斎コーナーでものを書いたりパソコンをしたり、ということをほとんど僕はしていない。そして妻もメイクはパウダーコーナーを使わずに1階の洗面所でしている。

しかし、それは使い手側の問題であって書斎コーナーやパウダーコーナーに責任は無い。選手は能力を持っている。スタメンで起用しないのは監督の責任なのである。

では書斎コーナーやパウダーコーナーを造って後悔しているか、というとそんなこともなく、筆記用具やメイク用品を置いておけるし、アパート時代に使っていたドレッサーがリタイアせずに生きる道を見出したのもパウダーコーナーがあるおかげだ。

書斎コーナーもパウダーコーナーもヘビーに使用してはいないが、これはこれでデザインされた空間になっていると思う。

dresser.jpg
アパート時代に使っていたドレッサーはもともとダークブラウンだったが、ビルダーにホワイト塗装してもらい、イスのファブリック部分はDIYで張り替えた。

手持ちのドレッサーやベッドなどは新築の家に合わない雰囲気だったが、ビルダーにホワイト塗装してもらい、リメイクしたのだ。

白くペイントされた手持ちの家具達はビフォーアフターに出てきそうなくらい見違えてしまった。しかもほとんどサービスで。

新築時にはなかなか家具を買い替えるほどの資金的余裕は無かったので、この方法は安くて美味しい学食みたいに心強い味方になってくれた。

powder_light.jpg
パウダーコーナーの照明はママのチョイスでオーデリック。写真ではわかりづらいが、ガラスのシェードはグラデーションのかかった色になっている。

bedroom_syuunou.jpg
寝室に設けた収納スペースのドア。うっすらと木目が見えるホワイト塗装にしてある。フローリング材を流用して造ってもらったドアなのでリーズナブルだ。

bedroom_syuunou2.jpg
アイアンのドアハンドル。

bedroom_coler.jpg
寝室の幅木や窓枠などは他の部屋と違いをつけてホワイト塗装にした。ベタな白ではなく、うっすらと木目が見える仕上げになっている。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
Secret

TrackBack URL
→http://whitehouse04.blog53.fc2.com/tb.php/96-1d87faea
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。